建物もほうっておくと退化が進み、雨漏りや色々の障害となります。 この退化を適時点検、補修して少しでも長持ちさせようというのがメンテナンスです。

診断範囲
原則として、経年により生じた屋根材料の変質、損傷、及び屋機能の故障を対象とし、実地点検によりその程度、必要な補修工事の種別を診断する。

施工基準
建築基準法、施工令、大臣告示等の基準を満たす施工とする。
(ルーフ・ドクター資格限定 会則 マニュアル書より一部抜粋)

点検に当たっては具体的には以下のようなことを留意し、行っています。

●雨漏り箇所を探す
●風の吹き込むようなところがないか
●緊結がゆるんで飛散する恐れがないか

雨漏りについては換気不足による結露の可能性もあることから、この点も考慮した点検を心がけています。結露が起きていた場合、改めて防湿・防露対策が必要となります。
(小屋裏換気が不十分なために貫通した釘の先に結露したり、下葺材や谷樋の裏に結露した水滴を雨漏りと間違えたという例は、少なくありません。)

雨漏りの原因(かわら屋根)としては次があげられます。


次に診るべき点が、
毛細管現象(もうさいかんげんしょう)
です。

大抵の雨漏りは瓦屋根下地の防水層がしっかり施工されていると、どんな豪雨の場合でも雨漏りを防ぐことができますが、瓦一枚一枚の重ね目にほこりや砂が入り込み、毛細管現象で瓦の裏に水が回り雨漏りの原因になっているとも注意する必要があります。瓦の表面から見て、割れやズレが見られないのに雨が漏る場合に考えられる現象です。他にも、勾配(こうばい)が緩く逆流して起きる場合や棟のしの隙間や下端から滲み込む恐れも充分考えられますので、これらのことを意識しながら点検しています。
   ※勾配(こうばい)・・・斜き具合
○毛細管現象
瓦に雨水が一滴落ちると球状になります。この雨球の表面張力によって、瓦の重目の雨の表面が瓦の上下の表裏に沿って吸い上げられる現象を毛細管現象といいます。
雨の降り始めに瓦の上に点々とつぶ状の跡がつき、次第にその球状の雨水はやがて一本の線となって流れます。雨量が増してくると次々無数の流管となり全面的に複雑に水が流れるようになります。このころから瓦と瓦の表面の接点と瓦の重なり目に水の皮膜が生まれるようになり、やがて毛細管現象が発生して、かわらの裏面へも雨水が吸い込まれるようになります。そして、その後の吸入速度は著しく速くなります。



雨漏り等がなくてもかわらの配列やズレを発見されましたら、すみやかに補修することが必要です。
(補修には、瓦の固定、取替え、しっくい塗りなどの方法があります。)

現象: しみ出るようなもの、ポタポタと水滴が落ちるようなものまで多様。また、屋根裏に断熱材を入れることも一般化した現在では断熱材に雨水が吸収され、 少々雨漏りしても水滴もしみも見えない、ということがあります。

そこで、屋根については屋根裏を定期的に点検することが必要です。




※点検のご依頼・・・長崎県瓦工業組合(事務局は現在当店:やね匠)に直接お電話ください。

All Rights Reserved. Copyright(c) 2002 YANESYO.CO.,LTD